映画と健康雑談で心ほぐし

「映画」の話題をメインに「健康」「雑談」に関するブログをお届けします!もし気に入って頂けましたら右と下にあります「読者になる」のどちらかのボタンを押して頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

【映画043】昔「Mr.BOO」に笑った皆さんへ!「燃えよデブゴン」は同様に笑えちゃいます!!

どうも「映画/健康雑談」高岡です!

今日は最近見た中華系コメディの話しをさせて下さい。その昔、1979年に日本に於いて「Mr.BOO」という香港映画が公開されました。この映画のタイトルだけで「プッ」と思い出し笑いをしてしまうほど奇想天外でこの上なくドタバタでナンセンスなコメディ作品でした。満員の劇場でこの映画を観た時、観客みんなが大爆笑していたことを覚えています。こういう思い出があるって何だかいいですよねぇ!

 

f:id:TakTakaoka:20210420144816p:plain

Sabine LangeによるPixabayからの画像

主演はホイ三兄弟(監督・脚本・主演をこなす長男マイケル・ホイ、主題歌を唄っているサミュエル・ホイ、リッキー・ホイ)。その後、シリーズ化されて「新・MR.BOOアヒルの警備保障」「Mr.Boo!天才とおバカ」などタイトルに「MR.Boo」が入る作品は10本リリースされています。しかし、ムーブメントとしては2作目の「Mr.Boo!インベーダー作戦」、3作目「Mr.Boo!ギャンブル大将」あたりまでは劇場公開時も大きく盛り上がりましたよよね。でも、やっぱり第一作目が最高ですし、一作目で使われていたサミュエル・ホイが歌う主題歌が「超」が付く程に最高の出来だったと思います。ハイ、今聞いても、本当に最高です!!

 さてさて、今日は、この「Mr.Boo」に負けずとも劣らない作品に出逢ってしまいましたので、その作品「燃えよデブゴン TOKYO MISSION」をご紹介しましょう!!

私、失礼ながら、最近見るとはなしにドニー・イェン主演の「燃えよデブゴン」という映画を観たのですが、このタイトルを聞いた時、確かにその昔、サモハン・キンポーが主演した映画があり、彼のイメージが強かったので、なんで今更、それもアクション俳優バリバリのドニー・イェン主演でまた映画化するんだと思い、企画自体「???」でした=企画としてまったく成り立ってないじゃんと思いました。

ドニー・イェンと言えば、ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リーと肩を並べるカンフーの使い手であり素晴らしい役者な訳でして、ハリウッドでもやはり彼には注目が集まっていて、彼自身、ハリウッドの大手タレントエージェントの「クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(Creative Artists Agency:CAA)」と契約を結んで自分の考えに合った作品をしっかりと選んで出演を決めるようにしているようです。そして「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品である「ローグ・ワン /  スター・ウォーズ・ストーリー」には自分の家族にも見せられるとの理由から出演していました。

そんなバリバリのアクション俳優であり、彼が主演したカンフーの達人を描いた「イップマン」でのほとんど笑わない役柄のイメージからドニー・イェンがコメディー系の映画に出て、観る側の観客は心底楽しめるのだろうかと思い、この作品を観るのを戸惑っていました。しかしながら、監督が「るろうに剣心」でアクション監督を務めていた谷垣健治氏であり、竹中直人さんが出演しているということを知って、ドニー・イェンはともかくこの二人の日本人の名前に魅かれてこの作品「燃えよデブゴン Tokyo Mission」を観てみることにしました。

するとするとです。DVDを観てみたら、これが、私の予想を遥かに超えて「超」が付く程に面白かったのであります。「コロナ禍」で劇場公開前の宣伝がままならない状況であったかとは思うのですが、この面白さはもっと多くの人に知れ渡ってもおかしくない作品です。なんだか日本人の大半がこの作品の面白さに気づいていないようです。う~ん、勿体ない。ただただ残念としか言いようがありません。東京タワーのこんな使い方、描かれ方は、日本人スタッフだけの映画じゃ絶対に出来なかったと思います。

※以下はDVD/ブルーレイリリース時の宣伝告知映像です。冒頭、谷垣監督が

登場してくれていますよ!YouTubeより引用させて頂きました!


www.youtube.com

 日本人キャストとして竹中直人、渡辺哲、バービー(カメオ)が出演しています。今や日本の大河ドラマに何度も出演している竹中直人さんがきっちり「喜劇人」として出演していて、お決まりの「かつら演技」など彼の魅力満載とまでは行きませんが、かなり弾けて演じてくれています。コメディアン竹中直人のファンの私としては、もっともっと「竹中直人ワールド」を観ていたかったなぁ~~。もしも「パート2」が製作されるのであれば、再度、竹中直人さんには出演してほしいですし、次は是非・関根勤さんにも出演して欲しいと思ってしまいました。

※この記事が良いとお思いなっていただけましたら是非とも「読者」になって頂けないでしょうか。ブログ内に『読者になる』マークがございますので、このボタンのどれかをポチとクリックしてください。あなたの一押しがこのブログを続ける「励み」になりますので!どうかよろしくお願いいたします!