映画と健康雑談で心ほぐし

「映画」の話題をメインに「健康」「雑談」に関するブログをお届けします!もし気に入って頂けましたら右と下にあります「読者になる」のどちらかのボタンを押して頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

【映画031】ラッセ・ヘルストレム監督作「ギルバート・グレイプ」&「サイダーハウス・ルール」その②

どうも「映画と健康雑談」の高岡です!今日は前回のブログの「つづき」になります!

「サイダーハウス・ルール」(99)は孤児院が大切な舞台の一つになっている映画です。この作品の映画化で脚色を手がけたジョン・アーヴィング自身の同名小説を映画化したアメリカ作品なわけですが、ラッセ・ヘルストレム監督の祖国スウェーデンには、孤児院の孤児の少年が主人公の映画があります。

f:id:TakTakaoka:20210502094843p:plain

Sabine LangeによるPixabayからの画像

(前ブログ【映画030】を以下に添付しております。まだお読みなっていないという方は是非ご一読頂いた後にこちらをお読み下さい。よろしくお願いします!)  

takamitsu3.hatenadiary.jp

その映画のタイトルは「ラスムスくんの幸せをさがして」(83, 監督: オル・ヘルボム )といいます。スウェーデンの童話作家・アストリッド・リッドグレーンの童話小説「さすらいの孤児ラスムス」を映画化したものです。こちらは孤児であるラスムス少年と「フーテンの寅さん」のようなスウェーデンの風来坊であるオスカルという中年男性の二人が出会って「ラスムス」の「親になってくれる大人の夫婦」探しの旅を繰り広げるという内容です。二人の旅は貧しいけれど、スウェーデンの長閑な草原を舞台に、穏やかで、のんびりと時が過ぎていく、とても心温まるロードムービーなのであります。劇中何曲も二人が歌うシーンがあるのですが、アコーデオンの音色と二人の歌声がたまらないほど心に響いてくる秀作なのであります。もっと人気が出ても良さそうさ映画なのです。そう思っていたら、とある「ロードムービー」を特集しているサイトがあって、なんと驚いたことに、そこではこの作品が「ベスト1」になっていました。「良い映画を知っている人は知っている!」のだなぁと思い、ネットの奥深さというか映画愛好家の方々の「こころの深さ」になんだかほっとしました。

実は、ラッセ・ヘルストレム監督、祖国スウェーデンの童話作家であるアストリッド・リンドグレーンの原作童話である「やかまし村の子どもたち」と「やかまし村の春、夏、秋、冬」を「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の後に2本続けて撮っているのです。そして、これらを作った後に監督した作品が「ギルバート・グレイプ」なのであります。

前ブログ内で「ギリバート・グレイプ」(93) に出演したレオナルド・ディカプリオと「サイダーハウス・ルール」(99)で出演したトビー・マグワイアがプライベートでは本当に親友だとお伝えしました。 そして、この二人はバズ・ラーマンの監督作である「華麗なるギャツビー」(2013) で共演しています。

でもでもです。実はディカプリオと共演する前にトビー・マグワイアは1998年にテリー・ギリアム監督の「ラスベガスをやっつけろ!」でジョニー・デップと共演しているのであります。う~ん世間(ハリウッド)は狭い??

それと話しは変わりますが。孤児院でホーマーを慕っているパスターという少年をマコーレ・カルキンの弟のキーラン・カルキンが演じています。もしもキーラン・カルキンの演技が気に入ったという方がいたら彼が主演を務めている「マイ・フレンド・メモリー」という作品もご覧になってみてください。シャロン・ストーンが優しいお母さんを演じていますまた音楽も素晴らしい出来栄えです。ただ内容は「不治の病いもの」なので、最後の方で涙が出てきてしまいます。ですので、この映画を観るとなった時には必ずハンカチかティッシュを用意してから観るようにしてくださいね

以下はアメリカでの予告編です。原題は"The Mighty"と言います。(YouTubeより) 


www.youtube.com

ハルストレム監督が「サイダーハウス・ルール」の次に監督した作品が「ショコラ」(2000年)です。この作品でジョニー・デップが7年ぶりにハルストレム作品に戻ってきました。共演はフランス女優のジュリエット・ビノシュ。映画音楽は「サイダーハウス・ルール」でアカデミー賞にノミネートされたレイチェル・ポートマンが引き続き担当しています。 

サイダーハウス・ルール」の主演俳優・トビー・マグワイアはこのブログ【映画002】で紹介した「シービスケット」という作品でも主演をしています。「シービスケット」というのは誰からも見放されてしまった「競馬の競走馬」の名前です。ご興味ある方は以下にブログ【映画002】を添付しておきますので、是非お目通しください。お願いします。  

takamitsu3.hatenadiary.jp

 ※ブログ村「ランキング投票」に参加しています。PC版、ipad版ですと、このブログの右の欄に、スマホでお読み頂いている方々は下にスクロールして頂くと「映画ブログ」「おすすめ映画」という印があると思います。この記事が良いとお思いなっていただけましたらどちらのボタンをポチポチとクリックしてください。あなたの一押しがこのブログを続ける「励み」になりますので!よろしくお願いいたします!