映画と健康雑談で心ほぐし

「映画」の話題をメインに「健康」「雑談」に関するブログをお届けします!もし気に入って頂けましたら右と下にあります「読者になる」のどちらかのボタンを押して頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

【健康007】夏が来ました!暑い夏こそ気持ち良く「眠る必要」があるのだ~!

こんにちは「映画/健康雑談」の高岡です!じきに還暦を迎えます。一人暮らしを始めてから早3年が過ぎようとしています。この間、ずっと同じ敷布団に寝てきました。少しでも気持ちよく寝る為に出来る限りベランダに干すようにはしてきたのですが、考えてみるとこの敷布団は一人暮らしをする前から使用しているので、もう6年以上は使っていることになります。

f:id:TakTakaoka:20210622212715j:plain

morn in Japan によるPixabayからの画像

 

今年の春過ぎから「せんべい布団」状態になってしまっていて直接床の硬さを体に感じるようになってしまい、眠りにつくのが困難になってしまいました。特に腰の辺りに床の硬さがモロに伝わってきてしまい、ただでさえ寝返りする回数が多いのに、更に頻繁に寝返りを打つようになってしまい、本当に「寝つき」が悪くなってしまったのです。

さずがにここまでくると、もうどれだけベランダで太陽に当てようとも、布団に「ふっくら感」は戻らないので「寝具をどうにかせねばならん!」という所まで来てしまいました。

ついに寝具売り場のある大きなお店を訪れて、今どういう寝具があり、幾ら位出すと自分に適した寝具が手に入るのかをまずは調べようと思い、リサーチを開始しました。

敷布団は大きく分けて「低反発」「高反発」の2種類のものがあることが分かりました。

「低反発」のものは手を押し当ててみるとスゥ~っと手が沈み込んでいくほど「とても柔らかい」のであります。

「高反発」の方はその名の如く、手で布団の表面を押すと深く沈み込むということはなく、表面部分は柔らかいのですが、心地よい感触で押し戻されます。これは「硬い」ということではなく心地よく「体を支えてくれている」といった感じです。

 

今回「一番学んだ事」は「柔らかい」ということはとても気持ちが良いことではあるのですが「寝返りが多い人向きではない!」ということです!実際、そのお店で「低反発」の「超」が付くほど柔らかい敷布団を試しに寝させてもらいましたが、確かに「低反発」の布団は、その言葉の如く体がすぅ~っと柔らかい布団の中に体がふんわりと沈んでいくというか、浮くというか、「とても気持ちが良い」のであります。しかしながら、その柔らかさ故に「反発する力」が弱いので、仮に「寝返り」をしようとしても柔らさ故に、体を寝返りさせるのに自然とより強い力が必要になってしまうのです。それゆえ「寝ている状態」で体の向きを変えるために自然と「力む」という行為をする、より強く体に負荷をかけるということは「眠ろう」としている意識を覚醒させてしまう可能性がないとは言えないということに気づきました。

ですから「低反発」の敷布団は「寝返りを打たない人」にとっては「魔法の布団になりえます」が「寝返りをよく打つ人向きではない」のかもしれません。

では「高反発」は硬すぎて眠れないのでは?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが「高反発」とはイコール「硬い」ということではありません。係りの人がいるお店ではその担当の方から詳しく説明をお聞きになることをお薦めします。丁寧に色々と教えてくれると思います。

ご興味のある方は一度、お店で「試し寝」というか「寝心地」を体験してみて、自分にはどのタイプの敷布団が良いのかを前もって調べて納得して購入するのが一番良いと思います。

「敷布団」のお値段の方もピンからキリまであり、下は「1万円」前後から、上は6万7万のものまでとあります。これは私の私見ですが、やはり「毎日のこと」「健康に関わること」なので、ある程度、お金はかかっても「身体に良いもの」を選んだ方が良いように思います。

では、私はどういうものを購入したかというと、自分はかなり頻繁に「寝返りを打つ人」なので、今まで使って「せんべい化」している布団の上に「トッパー」と呼ばれる「高反発」の布団を購入して寝るようにしてみました。その商品はお値段的には「ピン」の部類ではありますが「高反発」とはいえ「ある程度、体が沈む柔らかさ」はあるので購入してからとても心地よく毎日眠りにつくことが出来るようになりました。「買って良かったなぁ」と本当に思っています。ただ難点が一つあって、通常のマットレスならば簡単に3つ折りにすることが出来たりしますが、私が買ったものは折り目がないので畳むのに難儀なところがあります。それでも「睡眠の深さ・気持ち良さが勝る」ので、畳むことは「慣れ」と「工夫」で何とか乗越えられると思います。後は置き場所をどうするかです。でも「新しい寝具・敷布団」は良く眠れるのです。「暑い夏に良い睡眠は大切です!」

 ※この記事が良いとお思いなっていただけましたら是非とも「読者」になって頂けないでしょうか。ブログ内に3カ所『読者になる』マークがございます。そのどれかをポチっとクリックしてください。あなたの一押しがこのブログを続ける「励み」になりますので!どうぞよろしくお願いいたします!